×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ビジネス文章の書き方

ビジネスに使用する文書や文章類。
書き方の基本としては解りやすいこと
これにつきます。
ビジネス文書の例文などを見てみると
内容がわかりやすく作られたものが多いはず。
わかりやすく要領のよいビジネス文書の作り方を具体的にあげると、
文章を簡潔にまとめ、文章の順番を、
関連性を考えて内容をととのえて書いていくことです。
伝えたいことは正しく伝えることが望まれますし、
その際にはひとつの文章にひとつの内容とするのが良いでしょう。

あとは具体的に書いていくということで、、、ある程度できあがると思いますが、
ビジネス文書の書き方とは、
・短く
・解りやすく
・簡潔に

まとめてゆくのが基本です。
これらのビジネス文書を作成する上で注意すること。
ビジネス文書・文章類はビジネスを行ううえで大切な役割を担うもの。
ゆえに読む側のことを考えなくてはなりません。
読む相手の気持ちになると、
ビジネスに使用するのですからわかりやすいのはもちろんのこと、
一度読んで理解できる内容であるべきでしょうし、
文章の内容が整理されていると好ましいですね。
ほかに書き方として気をつける点として。
文書・文章には誤字や脱字がないようにすること。
文書類には人の名前や大事なデータが載るものです。
これ等を間違えると大変なことになりかねません。
また結論は先に持ってくると読みやすいですね。
文章のおき方としては空間をうまく利用して、
見た目にも読みやすくするとよいでしょう。
重要となる単語以外に、似たようなことばを繰り返すのも避けましょう。
読みやすい文書・文章類が作れる思います。
面接後の礼状書き方(ビジネス文書の書き方)

面接後の礼状書き方(ビジネス文書の書き方)

企業で面接をした後の礼状の書き方。
文例としてたとえば、
「貴社の益々のご清栄をお慶び申し上げます。
ご多忙中の中面接の機会を作ってくださり誠にありがとうございました。
○○部長様からは貴社の説明をしていただいきました

常に積極的な姿勢を崩さない貴社のスタンスは素晴らしく、
お話も興味深いものでした。

(この場所では自分のセールスポイントについての記述を行いましょう)
この際は一日も早く貴社社員の一員となって色々と活躍できるように
自身でも努力し向上してゆきたいという所存で一杯です。
取り急ぎ本日の面接のお礼まで。
末筆ながら貴社のご繁栄をお祈り申し上げます。」

といった書き方があります。

面接を行う際、その後すぐに礼状を出すという書き方になじみがない、
という人もいるでしょうが、面接を行った側の人間としては、
面接の時間の調整する等しています。
こうした面接の礼状などを受け取って不快に思うことはあろませんし、
礼儀がわきまえられているなと思われるかもしれません。
社会人の世界です。
このような礼儀をしっかり踏まえることで内定も取りやすいのではないでしょうか。
就職活動の内定を得るにあたって大切になってくるもの。
いかに入りたい会社に自分を良く印象付けるか
これにかかってくるといっても言い過ぎではないでしょう。
このときの礼状は面接が終わった当日に出しておくと好感がもたれるハズ。

内定後の礼状(ビジネス文書の書き方)

就職活動を行い内定が決まった。。。
こういうときはお礼状を送ることもあるかと思います。
就職の面接が終わって内定が決まりました。
この場合、自分から取りやめない限りは入社が決まったともいえますが
その際にお礼状を書いておくのとBETTERです。
内定が決まったのに礼状を書かなかったら
内定が取り消されるということはないのですが
採用担当の方にとってはに面接を行うために書類選考から面接、
内定と労力を惜しまずにあなたに対して
手続き等を行ってくれたのですから
それらに対する感謝の意味でも礼状を送ると良いでうよね?
受け取った側もきっと喜んでくれるってなもんです。
面接をしてくれた担当の方の名前や役職などがわかるようなら
その人に直接個人名で礼状を送ると良いとされます。
内定後の礼状の書き方としては
@内定をいただいたことへの感謝の気持ち
A入社に際して今後の熱意やその情熱の気持ち
B入社まで時間がありますがその間は勉学と準備にはげみます
 という好印象を持たせる一文
などについて書くと良いですね。

色々な会社の面接を受けている場合には
ほかの会社に入ることに決めた場合に
その会社の内定を辞退する場合もあってこれは仕方ないといえますが
内定を辞退する場合にはあらかじめ採用担当にアポ取った上
その企業を尋ねて直に内定辞退の手紙を手渡すのも誠意の現われです。
内定辞退の手紙についても
申し訳ないという気持ちに加えて
面接担当の人に対して「自分に労力を使ってくれたこと」に
感謝の意をこめることを忘れないようにしましょう。

Copyright © 2007 ビジネス文書の書き方とビジネス文書サンプル